China forex reserve
 人民元の下落が話題になる中、今朝発表された中国の外貨準備は予想外の増加を見せた。微々たる増加ではあるが、6月中に人民元が大きく下落したのに対して当局は全く介入を行なっていないことを意味する。
CNY
 2015年のチャイナショックと異なり、今回の人民元の下落がキャピタルフライトを意味せず、当局の意図に沿ったものであるということを「人民元の制御された墜落」で既に述べた。今回の外貨準備のデータはその見方を補強するものである。

関連記事

中国の金融政策が緩和的に傾く可能性
Bloombergが人民元の制御された墜落を報じる
人民元の制御された墜落
中国経済が急激なデレバレッジに耐える
中国がすっかり金利低下トレンドに



この記事は投資行動を推奨するものではありません。