FullSizeRender
IMG_2629

    TOPIXはへっぴり腰ながらも上昇に転じた。S&P 500の前日の下落は材料視されなかった。「円安幅ほどには上がらないだろうが、アノマリーデーを通過した今、「円安なのに上がらないから後場にクラッシュ」となるほど需給も悪くない気がする」としていたが、円安にはよく耐えた(?!)。絶好景気の中で円高に、中国の景気後退に、そして貿易戦争に都度都度ビビりまくってきた大型輸出がようやく息を吹き返している。

    S&P 500はゴルディロックで2800に5度目のチャレンジ。昨日の関税拡大の陰線はなかったことになった。2770がサポートとなる。ナスダックは新高値に売りなし。ここからリスクオンが金利高を誘発したとしても、ネガティブ視される3%超えまで実に15bpもバッファがある。

    ドル円は一路113を目指している。リスクオフなのにドル高でいいのか?と疑っていたが、1日遅れてリスクセンチメントも付いてきたわけだ。112.35が軽いサポート。CPIは話題にならなかった。



この記事は投資行動を推奨するものではありません。