FullSizeRender
IMG_1858

    イタリアの新財務相が「ユーロ離脱はない」と発言したことをきっかけにリスクオンになった。S&P 500は淡々と上昇。ハイイールド債は上に跳ねている。この間の短期ハイイールド債ETFの巨額フローはやはり買いだったか。

    それに先立ち日本株も強かった。1792のレジスタンスはワークしたようにも見えるが時間の問題だった。ドル円もさくっと上昇し、レジスタンスとしていた時間足ヘッドアンドショルダー右肩の109.85を難なくブレイク。完全にイメージが覆った。右肩をブレイクされた時点で頭の更新は時間の問題だった。G7の紛糾は材料視されなかった。

    本日はトランプと金正恩の会合に注目。S&P 500は引続き2763がサポート。TOPIXは上ヒゲ陰線の後の安値である1778がサポートとなる。ドル円は祭りの後感があるが押し目買い。



この記事は投資行動を推奨するものではありません。