金利とセンチメントから資産価格を考えるブログ

毎朝更新の予定。主に日米金利、ドル円、先進国株インデックスについて。視点は経済指標、地政学、センチメント、需給、テクニカルなどもろもろ。@shenmacro

カテゴリ:レポート記事 > 中国

 世界中の金融業界従業員を嘲笑するかのように、2013年の立上げからわずか4年後の2017年に4億人から2000億ドル超を預かる世界最大のMMFまで成長した中国のオンラインMMF「余額宝(Yu'​e Bao)」が岐路に立っている。
MMFs
 余額宝は、1999年に設立された中国の電子商取引企業アリババの決済を支える決済システム「アリペイ(支付宝、2003年開始)」に、アリババのユーザーが預けている資金の投資商品として生まれた。少額(1元)から投資でき、また換金すれば即日でアリペイの中で決済に利用できる便利なMMFである。しかも、同じように即日で引き出せる銀行の普通預金が0.3%程度の金利しか付かない中、3-4%程度という破格な利回りを提供したことから爆発的に残高が増加した。余額宝はアリババの関連会社である「螞蟻金融服務集団(Ant Financial Service Group」が運営しており、このアントフィナンシャルは「米国のペイパルやガイコ、ウェルズ・ファーゴ、エキファックス、それにブラックロックが手掛けるそれぞれの事業の一部を全て1社で提供するような会社だ」と評価されている。
 続きを読む

China curve
China 10 year
SHIBOR
 2017年は中国の能動的・受動的な金融引き締めが双方見られたが、2018年は国債金利が話題にならないままブルスティープニングしている。10年金利でみると年初より25-50bpの低下。3ヶ月SHIBORで見ると最高値から75bpも低下しており、実に3回の利下げに相当する。かっこよく言えばチャイナショック以来の、米中の中央銀行の金融政策方向のダイバージェンスである。

続きを読む

 2/28に発表された中国の公式PMIが急低下していたことが一部で話題になったが、翌日発表された財新(CAIXIN) PMIの方は6ヶ月ぶりの高さと堅調で、公式の50.3に対して51.6と逆転している。中身も新規受注が伸びており文句の付けようがない。「財新の調査は、国家統計局の統計と比較して、より輸出志向とされる中小企業に焦点を当てている」という。これがもし逆だったら今頃「公式PMIは粉飾されており、財新の方がより真実を表している」と言われているだろう。では公式だけなぜ急低下していたかというと、節操のない方向転換だが、旧正月のシーズナリティで片付けられそうだ。

続きを読む

 25日に新華社が発表した一通の目立たない英文ニュースが世界中をざわつかせた。中国共産党中央委員会が、国会に当たる(とされる)人民代表大会に提出した憲法改正案で、「国家主席の二期以上の連任禁止」規定の削除、つまり任期の撤廃が提案されていたそうだ。
Shanghai

続きを読む

 中国の公式PMI製造業景況感が急低下している。中国PMIは公式(国家統計局・NBS統計)とCAIXIN(民間メディア・財新統計、旧HSBC PMI)の二つがあり、前者は国有企業や大企業が多く、後者は民間の中小企業が広くカバーされていると言われる。従って基本的に公式の方が景況感が良いが、今回は公式の方が急低下を見せている。
FullSizeRender
FullSizeRender
(製造業PMI。上が公式、下が財新)

続きを読む

 続いて10日に中国政府関係者の発言として「中国が米国債投資を縮小、もしくは一時停止する」というヘッドラインがBloombergから流れ、米国債とドル円が同時に急落した。米金利は気づいたら2.6に近づいている。また、普段連動するはずの米金利とドル円の相関が見事に壊れ、すでに虚を衝かれてフラついているドル円に止めを刺した。

US10 vs JPY
 続きを読む

USDCNY
 9日、中国人民銀行は人民元の基準値を定める時に値付け銀行に求めていた「反循環因子(Anti cyclical factor)」の適用停止を決めたと、各報道機関が報じた。2017年5月に導入された反循環因子の内容はややわかりにくいが、以前の記事で書いた通り、

続きを読む

↑このページのトップヘ